ドローン安全グッズのご紹介

2019.10.10

(株)日本緑十字社が、ドローン関係の安全グッズの販売を開始します。

今まで、「見える安全」をサポートするために、工事現場の安全グッズや防災グッズを販売してきた(株)日本緑十字社が、新たにドローンの安全グッズ販売にも乗り出します。

ドローンを業務で飛行させる際には、国土交通省の航空局から、ビブスなどのベストの着用が求められています。

 国土交通省航空局
↓「無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン」
 

業務のために、必要な許可を全て取って、正しく安全にドローンを飛行させていても、ドローンを飛ばしていることを知らずに誰かが近付いてきたり、飛んでいるドローンに興味を持った人が近付いてきたり、たまたま近くを通りがかった人に不審がられて警察へ通報されたりする、といったことがあるようです。

そこで、遠くから見ても「ドローンを安全に飛行させている」ことが分かりやすいこともあり、はっきりした色のビブスを着用したり、腕章を装着するドローンオペレーターが増えてきています。

「うちの会社でも、ドローンを飛ばすときに、ドローン専用のビブスや腕章がほしい!」といった会社の方が増えている一方で、ドローンの安全グッズを取り揃えている会社は、あまり知られていません。

(株)日本緑十字社では、ビブスや腕章に加え、スタンドサインも販売し、今後も、ドローン業界で必要とされるドローン安全グッズの種類を増やしていく予定だそうです。

(株)日本緑十字社のビブスは、「ドローン操縦士」「ドローン監視員」「ドローン点検作業中」といったゼッケンの台紙を、透明なポケットに差し込めるようになっており、状況によってカスタマイズすることができます。
そしてそのゼッケンは、合成紙を使用しており、防水性があります。

ドローン作業腕章は、マジックテープで腕に巻き付け、クリップか安全ピンで服に固定するようになっています。
こちらも、「ドローン操縦士」「ドローン監視員」「ドローン点検作業中」から選べるようになっています。

スタンドサインは、ドローンの飛行範囲を、周囲の人などへ知らせるために立てておくものです。
ポリエチレン製ですので、重さは6kgと軽量です。
そして、使用時には水を入れておくと、多少の風でも倒れません。

他にも、「こんなドローンの安全グッズがあったらうれしい!」といったご要望があれば、ぜひ(株)日本緑十字社へ伝えてください。
ドローンの安全グッズの展開に意欲的な会社ですので、きっとその「あったらうれしい!」を商品化していただけると思います。

ドローンスクールの入会特典として、生徒さんへ、ビブスや腕章をプレゼントするのも、いいかもしれません。

(株)日本緑十字社のドローンの安全グッズが気になる方は、(株)日本緑十字社の担当者の松村武さんへお電話するか、行政書士河はなよまでご連絡ください。

↓ 株式会社日本緑十字社のホームページ
https://jgc-inc.co.jp/

#株式会社日本緑十字社 #ドローン安全グッズ #ビブス #腕章 #スタンドサイン #ドローンスクール #入会特典 #ドローン #drone #UAV #UAS #無人航空機 #マルチコプター #空の革命 #空撮 #ドローン測量 #ドローン農業 #ドローン物流 #行政書士 #ドローン飛行許可申請 #航空法 #小型無人機等飛行禁止法 #道路交通法 #民法 #電波法 #無線開局申請 #大阪ドローンラボラトリー
#DJI #MAVICPRO #マビックプロ #TELLO #PARROT #ANAFI #MANBO #マイクロドローン #TINYWHOOP #タイニーフープ